そうじすき蔵のお掃除道場

修行その七 掃除道具を使い切る

今回はわしのオススメお掃除道具「ふくふく神」と「ブルーベリーハンド」のお掃除方法を伝授するのぢゃ。この二つの道具は、リースキンより新発売され、今イチオシの掃除道具ぢゃ。
高いダストコントロール性能、使いやすさ、経済性、どれをとっても文句なしなのぢゃ。また、モニタープレゼントのコーナーでは4週間のモニター(無料)を募集しておるので、応募して実際に使って修行してみるとよいのぢゃ!

まずはお掃除の基本ぢゃ。
お部屋のお掃除を始めるとしよう。どこから始めるとよいのぢゃろうか?

はい。前回の花粉症対策で習いました。
「上から下へ」ですね。家でも実践してま~す。

はははは。よい心掛けぢゃな。
そのとおり、まず上の方から始めて、徐々に下げてゆき、最後に下の方を掃除するとよいのぢゃ。
なぜならば、掃除の際にゴミやほこりがどんどん落ちてくるので、最初に上の方から始め、最後に落ちたゴミやほこりを取り除いた方が効率的というわけぢゃ。

でも、上の方から掃除していくと、天井は高いからイスを持ってきたり、棚の上をハタキではたいて雑巾で拭き、次はテレビの後ろをハタキではたいて、雑巾で・・・・そして最後は床を掃除機で・・・・と、イチイチ道具を変えるのが面倒なんですよね。

そんなとき、この「ふくふく神」と「ブルーベリーハンド」の2本さえあれば、掃除が出来るとしたらどうぢゃろうか?

うわぁ、そんなことができるのですか?
それは便利ですね。でも、どうやってやるのですか?

では次の章からミッチリ伝授するので、しかとマスターするのぢゃ。

修行
その壱 「ふくふく神」と「ブルーベリーハンド」のメリットを知る
まずは道具について特徴やメリットを知るのぢゃ。
この「ふくふく神」を見て、まずどういった感想ぢゃ?

普通、モップって、房がたくさんついた部分を使ってお掃除しますよね。この「ふくふく神」は、クロスになっていてスッキリしてますよ。とっても軽いし。こんなので効果があるのですか?

うむ。従来のモップとイメージが違うのぢゃが、このこのクロスでも十分にお掃除できるのぢゃ。このクロスにリースキンオリジナルの吸着剤が染み込ませてあるので、サッと拭くだけで、ゴミやほこりをしっかりキャッチし保持するのぢゃ。
では、「ブルーベリーハンド」の感想はどうぢゃ?

ブルーが基調のおしゃれなモップですね。
これだったら明るく楽しい気分でお掃除できそうです。
でも、「ふくふく神」も、「ブルーベリーハンド」も、従来のモップよりメリットがあるのですか?見た目がよくても、お掃除効果がないとダメですよね。

はははは、なにを言う。わしのオススメ掃除道具ぢゃ。特長やメリットはいくらでもあるのぢゃぞ。しかし今回の修行は掃除のテクニックがメインなので、メリットについては以下のページを参照してほしいのぢゃ。

修行
その弐 場所ごとの掃除方法
では、ここから場所別の具体的なテクニックの修行に入るのぢゃ。
説明はお部屋の上の天井から、床まで順に説明するので、順番に実践してみるとよいのぢゃ。

具体的なテクニック
やってみよう
天井
「モップ=掃除機」ではないのぢゃ 「モップ=掃除機」ではないのぢゃ
天井はなかなか手が届かない場所なので、こんなときは「ふくふく神」を使うのぢゃ。柄の長さは1.1mあるので天井まで十分に届くじゃろうし、何よりも「軽い」ので、手の疲れを軽減できるのがミソぢゃ。女性やお年寄りでも天井が楽にお掃除できるのぢゃ。
※なるべくクロスがきれいなときにお掃除するのぢゃ。

照明器具
傘のある照明器具はほこりが山盛りぢゃから、念入りに掃除をするのぢゃ。 傘のある照明器具はほこりが山盛りぢゃから、念入りに掃除をするのぢゃ。
照明器具については、いろいろな形のものがあるので、それに合った道具を使うのぢゃ。平面のものは「ふくふく神」が有効ぢゃし曲面や立体的なものは「ブルーベリーハンド」のほうがよいのぢゃ。

家具の上(背の高いタンス・棚等)
家具の上(背の高いタンス・棚等)
家具の上面は、掃除が行き届かない場所なのでゴミやほこりがよく溜まっておるのぢゃ。しかし、いろいろな物や箱が置かれているケースが多いのでそういった場合は、「ブルーベリーハンド」でほこりをとるとよいのぢゃ。もし何も置かれておらず平面であるならばもちろん「ふくふく神」ぢゃな。

家具の表面
家具の表面
平面の多い家具は、「ふくふく神」が有効ぢゃ。「ふくふく神」はモップ部分の全面を使ってゴミやほこりを吸着するので、1度の拭き上げで驚くほどゴミやほこりが取れるのぢゃ。

隙間4cm
「ふくふく神」はわずか4cmの隙間があれば入り込めることができるのぢゃ。と、言っても初めから家具の裏に4cmの隙間を開けて家具を配置している人はいないぢゃろうが、家具の最小限の移動で掃除ができるのぢゃ。

両面使えて2枚入り
床を拭いたクロスで家具を拭くのはちょっと・・・と、抵抗がある方は、クロスの別面を使うのじゃ。「ふくふく神」のクロスは両面使えて、2枚入り4週間レンタル。毎週新しい面に取り替えれるので、そのときに家具を拭くとよいのぢゃ。

クロスを外して手で掃除
もし、念入りに掃除をしたいのであれば、「ふくふく神」のクロスを外して手でお掃除なんて使い方もできるのぢゃ。「ふくふく神」ならではの技ぢゃ。

電化製品の裏
テレビ オーディオ パソコンなど
電化製品は精密機械であり、凹凸の多いものぢゃ。「ブルーベリーハンド」を軽く振る程度で、優しく掃除をするのがベストぢゃ。

※テレビ画面やパソコン画面は避けてください。

テレビの裏 オーディオの裏
電化製品の裏側は配線コードを考慮すると、やはり面の大きい「ふくふく神」は不向きぢゃ。「ブルーベリーハンド」で丁寧にほこりを取り除くのぢゃ。
力任せに掃除をして、コードを引っ掛けないよう注意するのぢゃ。

クロスを外して手で掃除
もし、念入りに掃除をしたいのであれば、家具のときと同じように、「ふくふく神」のクロスを外して手でお掃除するのぢゃ。

壁面
平面の壁にはもちろん「ふくふく神」ぢゃ。
「ふくふく神」のモップ部分は見てのとおり長方形なので、壁のコーナーも隅もキッチリ拭き上げれるのぢゃ。

しかもモップ部分と柄の部分のジョイントは縦横斜めと自由自在でありながら、ロック機構も備わっておるのぢゃ。自分が移動しなくても壁の隅から隅まで掃除ができるのぢゃ。

家具・電化製品の下・隙間
高さなら4cm、幅なら11cmの隙間があれば「ふくふく神」の出番ぢゃ。

床面
さぁ、最後に床ぢゃ。
上から落ちてきたゴミやほこりを「ふくふく神」で一掃ぢゃ。

「ふくふく神」のモップ部分は長さ6mmのパイルでできておるので、フローリングの目地、溝に溜まったゴミやほこりも掻き出してくれるのぢゃ。

従来の惰円形のモップで行き届かないコーナー部もキッチリお掃除できるのぢゃ。

その他
その他として、「ブルーベリーハンド」なら網戸やサッシの掃除に使え、汚れがひどくなってきたら、下駄箱に使ってもいいのぢゃ。

どうじゃ?これがわしのオススメのお掃除道具「ふくふく神」と「ブルーベリーハンド」を使いきるテクニックぢゃ。
これであれば毎日の「掃除機&拭き掃除」も、隔日ごとに「ふくふく神&ブルーベリーハンド掃除」にしていけば、掃除の回数を半分に減らしても、十分なのぢゃ。

へ~、スゴイですね。この2本さえあれば、日常のお掃除がほとんどできてしまいますね。

これであれば急な来客時も、手軽に簡単に掃除ができるので、とても便利ぢゃしのぉ。

それは助かります~。さっそく家に帰って、実践してみま~す。

お掃除道場トップへ戻る