そうじすき蔵のお掃除道場

修行その五 バスルームの日常のお掃除 2002年2月掲載

カビクリーナー/パイプクリーナー カビクリーナー/パイプクリーナー
さて、今回の修行は引き続き、バスルームの掃除ぢゃ。身体をきれいにするバスルームに、ある日突然、小さな黒い斑点(カビ)が点々と発生していたり、気づかないうちに排水ロにヘドロのような汚れがたまって、悪臭がしたりしてはサッパリ気分も台無しぢゃ。だから今回は、リースキンの「カビクリーナー」と「パイプクリーナー」を使って、カビの退治方法と排水口の掃除方法を伝授ぢゃ。

修行
その壱 冬もカビ発生時期ということを知る
さて、この時期バスルームは、とってもカビが発生しやすくなっておるので、すでに住みついているカビを取り除くことが大切ぢゃ。

師範!ちょっと待ってください。
「カビ」といえば、ジメジメした梅雨どきだと思うのですが。

なかなかいい質問ぢゃ。そう思うのも無理はないのぢゃ。しかし、カビの発生条件の3つを思い出してみるのぢゃ。(修行その四を参照)

「高温(25℃以上)」、「多湿(60%)」、「栄養源」。
あっ、バスルームは季節に関係なく、この条件を満たしているということですね。

そうぢゃ。バスルームは冬でも、室温・湿気・栄養も豊富で、言わばカビのVIPルームぢゃ。また、冬は「結露」により湿気が高くなり、窓を閉め切った状態の中では、ますますカビを招いてしまうことになるのぢゃ。

なるほど。
ではバスルームは、冬も「カビ対策」が必要なのですね。

そういうことぢゃ。

バスルームでは冬でもカビの発生条件が整います。

修行
その弐 具体的な掃除方法
師範!具体的に教えてください。

カビ対策
やってみよう
  • 窓を開けて換気を良くする。 1.まず窓を開けて換気をよくする。
  • 2.シャワーで浴室全体に水をかける。
    このとき、高い所から順に低い所へかけるようにする。
  • 全体にカビクリーナーを噴霧し、5分~10分放置する 3.壁・床全体にクリーナーを直接噴き付け、5分~10分間放置する。壁の場合は、上から下へスプレーする。
  • ワンポイントアドバイス
    目より高い天井や壁面は、スポンジやタオルに、カビクリーナーを噴き付け、クリーナーをなじませるようにして拭くのぢゃ。液だれや、目に入る危険性など、クリーナーの体への付着を防止するためぢゃ。

  • 洗い流す 4.水で洗い流す。
    ・落ちにくいカビにはブラシ(使い古しの歯ブラシ)等を使ってください。
    ・クリーナーの残留がないよう、入念に洗い流してください。
  • 十分に換気する 4.十分に換気をしてください。
  • ワンポイントアドバイス
    洗ったあとにアルコール系消毒液でふいておけばカビが生えにくく効果的ぢゃ。

注意
塩素系のカビクリーナーに酸性タイプのクリーナーを混ぜると有害な塩素ガスが発生し、大変危険です。混合したり、同時に使用することは絶対おやめください。もし、カビクリーナーを使用後に、酸性タイプのクリーナーを使用する場合は、カビクリーナーを十分に洗い流し、換気してからご使用ください。
修行
その参 カビの発生を事前に防ぐ方法
さて、カビを退治したあとは、今度はどうやってカビの発生を防ぐかが課題ぢゃ。

そうですね。カビさえ発生させなければ、こんなことをする必要なないですよね。

結論から言えば、カビの発生条件の3つの逆のことをするだけぢゃ。

え~と、「温度を下げる」「湿度を下げる」「栄養源を断つ」ということを考えればいいのですね。

そのとおりぢゃ。
ではその方法を、以下に記載するのぢゃ。このとおりやれば、カビの発生を抑えることができるので、ぜひご家庭で実践してみるのぢゃ。

カビ発生条件 対策 具体的な方法
1 高温 温度を下げる 入浴後に冷水をかける。
2 多湿 湿度を下げる 換気扇をまわす。
入浴後は必ず浴槽の蓋をするか、最後の入浴後お湯を抜く。
3 栄養 栄養源を断つ 最後に入浴した人が石鹸カス等(栄養源)を洗い流す。
修行
その四 排水口の汚れを知る
次は排水口ぢゃ。
排水口を掃除するとき、とても嫌な臭いがするぢゃろ。あれはなんぢゃと思う?

思い出しただけでも吐き気がしそうです。
排水口にたまっている、あのヘドロみたいな物体の臭いですよね?

そうぢゃ。あれは排水口自体の臭いではなく、ヘドロ状の汚れの臭いぢゃ。

あのヘドロ状の汚れは一体何ですか?

あれは、洗髪したときに抜け落ちた髪の毛が、からみあい、そこに石鹸カスが混ざりあって、イオウ臭を放ちながら腐敗したものぢゃ。

どうりで臭うわけですね。

あの汚れをそのまま放置すると排水管がつまる原因にもなるし、掃除をするのが大変で、とても面倒ぢゃ。そして何よりも臭うので、定期的に掃除するよう心掛けることが必要ぢゃ。家族構成にもよるが、1週間に1回はたまり具合を確認し、取り除くことをおすすめするのぢゃ。

石鹸カス

修行
その五 具体的な掃除方法
さて、実技ぢゃ。リースキンのパイプクリーナーを使うのぢゃが、クリーナーは・・・・

「クリーナーは、“汚れを浮かす”」ですね。

おっと、先に言われてしまったのぢゃ。
そのとおり。液をつけたあとは、しばらく待って汚れを浮かすことが基本ぢゃ。これさえ守ればいいのぢゃ。あとは、いつものように図で説明いたそう。

師範!お願いします。

排水口の掃除
やってみよう
  • ヘドロ状の汚れを取り除く 1.排水口の蓋を取り、髪の毛やヘドロ状の汚れを取り除く。
  • 歯ブラシでブラッシング 2.歯ブラシ等でブラッシングして、粗汚れを取り除く。
  • 排水口のまわりから液体をかけ、30分放置する 3.パイプクリーナーを一目盛り(約80ml)排水口のまわりから液体をかけ、約30分間放置する。
  • ワンポイントアドバイス
    汚れが特にひどい場合には、パイプクリーナーをかけ5~10分後に、再度ブラッシングを行うとより効果的ぢゃ。

  • 水をよくかける 4. 水で十分に流す。
  • ワンポイントアドバイス
    排水管から臭いがするとき、パイプのS字の部分がつまっていることがあるのぢゃ。1ヶ月に一度はパイプのお掃除をしてほしいのぢゃ。

注意
塩素系のパイプクリーナーに酸性タイプのクリーナーを混ぜると有害な塩素ガスが発生し、大変危険です。混合したり、同時に使用することは絶対おやめください。もし、パイプクリーナーを使用後に酸性タイプのクリーナーを使用したい場合は、パイプクリーナーを十分に洗い流し、換気してからご使用ください。
どうぢゃ?これでバスルームはピカピカぢゃ。

はい、とってもきれいになったので、ますますお風呂に入るのが楽しくなりました。ぜひみなさまも、ご家庭のバスルームをピカピカにしてみてくださいね。

ワンポイントアドバイス

その他のバスルーム専用の清掃用具を、リースキンで取り扱い致しております。ご用命の方は、「お問い合せ」ページ、または下記までご連絡ください。

リースキンサービスセンター0120-470-157

  • ルースターお風呂用
  • タイルブラシ・S型
  • 浴槽ブラシ・S型
  • タイル目地ブラシ
  • タイルブラシ
  • バスボン

お掃除道場トップへ戻る