そうじすき蔵のお掃除道場

修行その十三 大掃除ぢゃ 2002年12月掲載

師範!今回はどんな修行ですか?

寒さが身にしみる冬を迎え、もう12月ぢゃ。12月と言えば「師走」。「師走」と言えば、「大掃除」ぢゃな。

あっ!もう少しで正月ですね?

うむ。大掃除で家の中をきれいにして、新たな気持ちで新年を迎えたいものぢゃ。
そもそも、大掃除は昔、春から秋は農業で忙しく、冬にまとめて掃除をしたことが始まりとも言われ、新年に神様を迎え入れるための準備となって今でも続いているとされておるのぢゃ。
「掃除」ではなく、神様を迎え入れるための準備と思えば、大掃除にも力が入るぢゃろ。

えへ。私も大掃除をして、幸せになれる神様を呼んじゃお♪

ははは。では、今回の修行は今までの修行のおさらいも兼ね、大掃除特集をしてみるのぢゃ。

修行
その壱 掃除の基本「上から下へ」
まず、今回の大掃除をするにあたり、最初に頭に入れておきたいことは掃除の基本ぢゃ。
では、その掃除の基本とは何ぢゃったかな?

はい、それは「上から下へ」です。

そう、正解ぢゃ。
どんな掃除も「上から下へ」は基本。なぜなら、例えば床を先に掃除をしても、あとで壁やタンスなどの掃除をすれば、汚れやゴミが床へ落ちてしまうので結局もう一回床の掃除をするハメになるからぢゃ。

それは、無駄ですね。

ぢゃから効率よく掃除をするために、いつも「上から下へ」を念頭において掃除をすることが大切ぢゃ。

※「奥から手前へ」ということも必要です。手前から掃除を始めても、奥の掃除をする際、どうしても手前が汚れてしまいます。「上から下へ、奥から手前へ」として覚えておいてください。
修行
その弐 実践修行
では、早速実践ぢゃ。
ここからは各部屋ごとの掃除ポイントのみの説明ぢゃ。さらに詳しい内容が知りたい場合は、過去の掃除修行を参照するのぢゃぞ。

掃除ポイント - リビング
やってみよう
天井(照明器具)
天井(照明器具)
  • 1.ほこりやゴミが落ちるので、天井の掃除は一番はじめにしましょう。
  • 2.水を固く絞った雑巾や、「ふくふく神」を使って、ゆっくり拭きましょう。
  • 3.エアコンの風の通り道は、特にほこりが付着しているので、念入りに。
  • 4.傘のついた照明器具には、ほこりがいっぱい。
    ブルーベリーハンド」で拭くと、一気にほこりがとれますよ。
  • 修行その七 「掃除道具を使いきる」

壁の素材よって、掃除方法が異なります。

  • 1.ビニールクロス
    水拭きでOKです。でも「ふくふく神」なら、一気に掃除ができますよ。
  • 2.砂壁
    水拭きをするとポロポロと壁がはがれるので、水拭きは絶対ダメ!
    ハタキなどを使ってほこりを落とす程度にして、床掃除のときにいっしょに吸い取りましょう。
  • 3.しっくい壁
    しっくい壁に水や洗剤を使用するとシミになるので厳禁。
    部分的な汚れの応急処置としては消しゴムなどを使用するしかありませんが、
    汚れてきたら塗り替えするようにしましょう。
家具

家具の掃除は基本的に「乾拭き」です。水拭きはシミになりやすいからです。
しかし、それでは汚れが落ちない場合は市販のクリーナーを使用するようにしてください。

注意!特殊加工されていない天然素材の家具は、絶対「乾拭き」のみにしてください。

家電製品

コンセントを挿したままでは、おもいきった掃除もできません。極力抜いてから掃除をしましょう。

家電製品
  • 1.家電製品に水は天敵。乾拭きや「ブルーベリーハンド」がオススメ。どうしても水拭きが必要な場合は、水を十分に固く絞ってから。
  • 2.テレビ画面上は、静電気によってほこりがたくさん付着しています。ティッシュなどで念入りに掃除してください。テレビもきれいに映りますよ。
  • 3.普段掃除をしない家電製品の裏(特にテレビ裏)はほこりの宝庫。大掃除の日ぐらいは、家電製品を動かして、掃除機をかけましょう。
  • 4.家電製品の通風口はほこりがたまりやすくなっています。まずは掃除機で吸い取って、取れなかったほこりを綿棒等を使用して取り除きましょう。
フローリング
  • 1.掃除機をかけて、ほこりやゴミを取り除きます。(特に隅にほこりがたまっています。)
    ※掃除機ではフローリングに傷がつきやすいので、気になる方は「ふくふく神」がオススメ。
  • 2.濡れ雑巾でなく、水を固く絞った雑巾で拭き上げます。
  • 3. ワックスがけをします。
  • 修行その七 「掃除道具を使いきる」
畳
  • 1.畳の目に沿ってゆっくりと掃除機をかける。
  • 2.畳の目に沿って、水を固く絞った雑巾で拭く。
  • 3.畳の凹みが気になる場合は、凹み部分に濡れたタオルを当て、アイロン(スチーム状態で)を近づけ蒸らすと、畳に染み込んだ水分が蒸発しようとする力で、凹みが浮き上がってきます。
    アイロンはカーペット(ジュータン)に触れないようにしてください)
  • 修行その十 「カ-ペット・畳の掃除」
カーペット・絨毯(ジュータン)
カーペット・絨毯(ジュータン)
  • 1.掃除機で念入りにほこりやゴミを吸い取ります。
  • 2.カーペットクリーナーを使用して毛並みの逆方向→毛並みの方向へ拭きあげます。
  • 3.凹み部分が気になる場合は、歯ブラシで希釈した柔軟材を凹み部分に塗り、アイロン(スチーム状態で)を近づけて蒸らすと、カーペット(ジュータン)に染込んだ水分が蒸発しようとする力で、凹みが浮き上がってきます。
    アイロンはカーペット(ジュータン)に触れないようにしてください。
  • 修行その十 「カ-ペット・畳の掃除」
窓(ブラインド)
窓(ブラインド)
  • 1.「ガラスクリーナー」を噴霧して、まず窓の左上右の境を拭く。
  • 2.窓の中心部を上から右→左、左→右、右→左と徐々に拭きながら下げてゆく。
  • 3.窓の左右下の境を拭く。
  • 4.ブラインドの凹み、歪みが気になる場合は、ドライヤーで暖めながら指で伸ばすと、ある程度戻すことができます。
  • 修行その参 「窓ガラスの掃除」
掃除ポイント - キッチン
やってみよう
換気扇
換気扇
  • 【プロペラ部】
  • 1.シンクまたは大きな洗面器を使って、「キッチンクリーナー」を希釈した水槽をつくります。
  • 2.換気扇のプロペラを外して、1.で作った水槽に1~2時間浸けておきます。
  • 3.そのあと、水槽から出して、歯ブラシやスポンジ、タオルなどできれいに仕上げ拭きします。
換気扇
  • 【外枠部分】
  • 1.「キッチンクリーナー」を全体に噴霧してから、ティッシュをペタペタ貼っていき、2~3時間放置します。
  • 2.そのあとティッシュを外し、歯ブラシなどで汚れを擦ります。
  • 3.クロスなどで仕上げ拭きをします。
  • 修行その壱 「換気扇を洗う」
ガスレンジまわり
ガスレンジまわり
  • 1.できれば強力なクリーナー(または「キッチンクリーナー」)を噴霧して、数分間放置します。
    (汚れを浮かすため)
  • 2.クロスやタオルで拭き上げます。最初にステンレス製タワシで擦ると効果的です。
  • 3.クロスやタオルを裏返して、きれいな面で仕上げ拭きをします。
  • 修行その九「夏のお掃除」
シンクまわり
  • 1.皿洗い用の洗剤とスポンジで、シンクまわりの油汚れを落とします。
  • 2.濡れタオルで仕上げ拭きをします。
  • ※仕上げ拭きをしたあと、水分が蒸発しないうちに新聞紙で磨き上げるとさらにピカピカになりますよ。
掃除ポイント - バスルーム
やってみよう
壁・床
壁・床
浴槽
  • 1.浴槽にシャワーをかけて濡らします。
  • 2.「バスクリーナー」を全体的に噴霧し、10分程度放置します。 スポンジで全体的になでながら広げると効果的です。
  • 3.最後にシャワーをかけて洗い流します。
  • 修行その弐「浴槽を洗う」
掃除ポイント - トイレ
やってみよう
タンクまわり
タンクまわり
便器まわり
タンクまわり
  • 1.手袋などをして、体にクリーナー液がつかないよう準備してください。
  • 2.「中性トイレクリーナー」を便器全体に噴霧して、数分放置し、そのトイレブラシで擦りながら洗い流します。
  • 3.2.で落ちなかった汚れは酸性の強力クリーナー(「トイレクリーナー」)を汚れに直接かけ、数分間放置後、トイレブラシで擦りながら、洗い流してください。
  • 修行その十一「トイレの掃除」
床
まだまだ、伝授したいことは山ほどあるが、今回はこのあたりで終わりぢゃ。いかがぢゃったかな?

いっぱいあってすごく大変ですね。
でも、今までの修行で習ったことばかりなので、大掃除と言っても、それほど特別な掃除をする必要はないのですね。

もちろんぢゃ。何も大掃除の日だけ、力を入れて掃除をする必要はないのぢゃ。逆にいえば、毎日の掃除をしっかりしておけば、大掃除をする必要などないのぢゃ。

しかし、このご時世では、毎日の掃除もなかなか難しいぢゃろうから、大掃除のときは、ゆっくり丁寧にやっていただいて、よい年を迎えてもらいたいのぢゃ。

それでは、よいお年を!

お掃除道場トップへ戻る